ブログ

Blog

フッ素の効果☆


皆さま、こんにちは(*^-^*)
伊賀市で痛くないホワイトニングが受けられる「瀬川歯科クリニック」歯科衛生士の磯山です。

今回は、「フッ素塗布の効果」についてお話しします。
フッ素は、虫歯になる原因に対して「歯」と「お口の中の細菌」に作用し虫歯になりにくくする効果があります。

①唾液中に含まれるミネラルの沈着を促進し、再石灰化を助ける。
②歯の質を強化し、酸から歯を溶けにくくする。
③酸の生成を抑える。


☆乳幼児や子供への効果☆
「生えたての乳歯」や「生えたての永久歯」は、歯の質が弱く虫歯になりやすいため、フッ素を塗ると予防効果を大きく期待できます。

☆大人への効果☆
歯周病や部分入れ歯の使用によって、顎の骨や歯茎がやせて(吸収して)しまい、普段なら歯茎に覆われているはずの歯の内部のセメント質や象牙質が露出してくることがあります。
セメント質や象牙質は、エナメル質(歯茎から上の歯の表面部分)より弱く虫歯になりやすいため、フッ素を塗ることで虫歯のリスクを下げることに役立ちます。



〈医院で受けるフッ素と歯磨き剤に含まれるフッ素の違い〉
2つの違いは「濃度」です。
当院では9000PPmの高濃度フッ素を使用しています。
歯質強化を特に期待することができます。
一方で、スーパーや薬局で市販されているフッ素配合の歯磨き剤は低濃度(500~1000ppm)で、使い続ける事で再石灰化の促進や酸を作るカを抑えることが期待できます。
これらを併用させることで「虫歯予防効果」が高まります。

当医院では、メンテナンスに来られた患者様に対してフッ素塗布を行っています。
あなたも是非、歯質強化をして虫歯になりにくい歯にしませんか?












【診察時間】AM9:00~12:00/PM3:00~7:00 【休診日】木・日曜日・祝日