ブログ

Blog

?口内フローラって何?


みなさんこんにちは❗️
三重県伊賀市で痛くなくしみないホワイトニングかできる歯医者、瀬川歯科クリニックの歯科衛生士谷本です。

前回磨き残しチェックのお話をさせていただきました。
今回は、お口の中にいる細菌についてお話させていただこうと思いいろいろ調べていたら、口内フローラという言葉が出てきて…何❓と思い調べてみました!


私たちの口の中には、1,000億個(500種類)の細菌がいます。
 腸内や口の中のように、たくさんの菌が住んでいる場所では、さまざまな細菌の分布を「花畑」に見立てて
「細菌叢(さいきんそう)」や「フローラ」と呼びます。


腸ならば「腸内フローラ」、口の中なら「口内フローラ」だそうです。
生まれたての赤ちゃんの口の中には、まだ細菌はほとんどいませんが、生後ほんの数日で周りの環境からやってきた細菌が住み着き始めます。
歯が生えるとともに菌の種類も変わっていき、やがて大人と同じような口内フローラになっていくのです。

口内フローラの細菌は、腸内フローラと同じように活動状態によってさまざまな利害をもたらします。
その中には、口の中の健康を保つ助けとなる善玉菌、虫歯や歯周病を引き起こす悪玉菌、悪玉菌が増えすぎると口の中の炎症や感染症を引き起こす日和見菌などの種類があります。

口内フローラの悪玉菌が増えすぎると、虫歯で歯の状態が悪くなる、歯周病で歯が抜けてしまうといった口の中のトラブルが起きます。

口の中にいる悪玉菌や日和見菌には、虫歯を引き起こす“う蝕病原菌”と、歯周病を引き起こす“歯周病原菌”の2つのグループがあります。
歯のケアを怠ったり、食事の取り方が変化したりするなどして口腔環境が悪くなり、悪玉菌ばかりが繁殖しすぎると、まずは虫歯や歯周病など口の中の病気につながっていきます。

悪玉菌が繁殖しないようにはやはり歯みがきですね(^^)
それと唾液を沢山出すことです。

唾液の分泌を促すには唾液腺マッサージがおすすめです。
耳の前から上の奥歯のあたりを円を描くようにする“耳下腺”マッサージ、あごの下から耳の下へ押し上げていく“顎下腺”マッサージ、あごの舌を押し上げる“舌下腺”マッサージなどがあります。

女性の場合は、こうしたマッサージはリラックス効果、顔を引き締める効果もあり、お口の中の健康にも、美容にもおすすめなのです。
体験してみたい方はスタッフに声をかけてくださいね(*>∀<*)













【診察時間】AM9:00~12:00/PM3:00~7:00 【休診日】木・日曜日・祝日