ブログ

Blog

歯周病検査☆


みなさん。こんにちわ😊
伊賀市で痛くないホワイトニングができる「瀬川歯科クリニック」歯科衛生士の磯山です。
ずいぶん朝・タと涼しくなりましたね!
季節の変わりめ、みなさん風邪をひかないよう十分気をつけて下さいね!

さて、今回は「歯周病検査」についてお話したいと思います。
歯周病検査では

①歯周ポケットの深さ・形・幅
②歯茎より下にあるプラークや歯石の有無
③歯茎や歯周ポケットからの出血の有無
④歯のぐらつき
⑤歯茎の緊張度

などといった多くの情報が得ることができます。

そして歯周病検査の中に「プロービング」という検査があります。
「プローブ」という目盛のついた器具を使って、主に歯周ポケットの深さを測ります。

3mm以内は健康な歯茎。
4~6mmは初期から中等度の状態
7mm以上は中等度から重度の状態を表します。

そして出血のあるところは、炎症がおきている箇所です。
歯の長さは10ミリ程度なので、歯周ポケットが深くなると最終的には歯がぐらぐらして抜けてしまうか、抜歯しなければならなくなります。

歯のぐらつきは、ピンセットを使って調べていきます。
0~3度まであり、数字が大きいほど歯がぐらついている状態です。

歯周病とは、痛みもなく顎の骨がとけてしまう恐い病気です。
放置していると将来歯を失ってしまいます。

当医院では、
初診時に
・どこの箇所に、どのくらい歯周病が進行しているか
歯の掃除の後、

・どれくらい改善されているか
メンテナンス時、
・進行していないか,又どれくらい現状維持できているのか
を検査しています。

≪歯周ポケットを深くしないためには≫
・歯と歯茎の境目に歯ブラシを当て1本ずつ丁寧に磨き、歯ブラシが届きにくいところはフロスや歯間ブラシを使って汚れが残らないようにする。

・殺菌作用のある歯磨き粉や洗ロ液を使って、ロの内にすみついた菌をへらす。

歯周病は、自分自身のセルフケアがしっかりできているかが重要な鍵を握り,私たちはそのお手伝いをさせてもらっています。
定期的なメンテナンスで現状を維持していきましょうね!















【診察時間】AM9:00~12:00/PM3:00~7:00 【休診日】木・日曜日・祝日