ブログ

Blog

フッ素って??


こんにちは♪
伊賀市で無痛治療が受けられる歯医者、瀬川歯科クリニックの歯科衛生士谷本です☆

瀬川歯科クリニックでは、歯のクリーニングの後に歯を強くするお薬『フッ素』を塗りますね!
30分位は食べたり飲んだりするのはやめてくださいねと、説明させていただいてから『フッ素』を歯に塗布します。

先程から『フッ素』と連呼していますが、歯科で使ういわゆる『フッ素』とは正確にはフッ素化合物の事なんです
その辺のお話を今日はしていこうと思います。


フッ素って毒⁉
中学生で習った元素の9番目がフッ素です。
(水兵リーベー僕の船~)覚えてますか?

フッ素という元素は、非常に強い酸化作用があるため単体ではほとんど存在せず、他の元素と化合したフッ素化合物という形で存在します。

フッ素を単体で人間が摂取すると猛毒となります(現実問題として、単体のフッ素を摂取することは普通ありません)。

このため、「フッ素化合物も猛毒ではないか?」「フッ素ほどではないにせよ、毒性が強いのではないか?」と誤解されてしまいがちです。
ですが、フッ素は、魚介類や野菜、肉、牛乳、塩、お茶の葉っぱなど、ほとんどの食品に含まれており、ビタミン類の様に、毎日摂らなければならない必須の栄養素に位置付けられています。



ちなみに日本人が食事などから一日に摂取するフッ素化合物量は約1~3mgと言われています。

それからフッ素には歯を強くする効果の他に初期の初期のごく小さい虫歯であれば治してしまう効果もあります。
さらに虫歯菌の活動を抑制する効果もあるので虫歯予防には最適なお薬です。


歯科クリニックで塗布しているフッ素は、正確には『フッ化ナトリウム』というフッ素化合物ですので大丈夫です
♪ (#^ー°)v



















【診察時間】AM9:00~12:00/PM3:00~7:00 【休診日】木・日曜日・祝日