ブログ

Blog

歯周病とタバコの関係☆


みなさん、こんにちは☆
伊賀市で無痛治療が受けられる歯医者「瀬川歯科クリニック」歯科衛生士の磯山です。

だんだん寒くなり、あちらこちらでインフルエンザが流行しはじめました。
みなさん、体調はどうですか?
手洗い・うがい・お出かけにはマスクをしてインフルエンザにかからないよう予防して下さいね!

さて、今回は『歯周病とタバコの関係』についてお話したいと思います。

タバコは、ヤニがつく。歯茎が黒っぽくなる。だけだと思っていませんか?
タバコを吸う人は,吸わない人に比べて3倍歯周病にかかりやすく
2倍も多く歯を失ってしまいます

喫煙本数と比例して歯周病が重症化するとも言われています。

☆なぜタバコが歯周病を悪化させてしまうのか?

 ①歯周菌と戦う白血球の機能が低下してしまう
 ②歯茎に酸素や栄養を供給するための大切な血管がニコチンによって収縮してしまう
 ③歯茎を修復するために必要な細胞の働らきを抑制してしまう
 ④歯と歯茎の境目の溝(歯周ポケット)の中の酸素が不足し、酸素を嫌う歯周病菌にとって繁殖しやすい環境を作ってしまう


☆歯周病以外のタバコの害は?
 ①ヤニで歯が汚れる
 ②メラニンが沈着して歯茎が黒くなる
 ③ゴツゴツした歯茎になる
 ④舌に舌苔(歯垢と同じ細菌のかたまり)にまみれてヤニが沈着ひどい口臭が発生する
 ⑤味覚が純麻されてしまう
 ⑥味が感じにくくなると、自然と味つけが濃いものに偏り高血圧等の生活習慣病の原因となりえる
 ⑦ロの中にできるガンのリスクが高くなる


タバコに含まれる化学物質によって、歯茎からの出血を抑えたり、変に歯茎が硬くなることで,症状が気付きにくくなることがあります。
タバコを吸うと末梢血管へ悪影響を及すので歯周病治療を行っていても、治りが悪くなることも分かっています。
その他には、口腔内が不衛生になることで口臭の原因になったり、虫歯の原因菌が活動しやすい環境によってしまうことも考えられます。

もし、自分が歯周病である。もしくはその疑いがある場合、禁煙をおすすめします。






















【診察時間】AM9:00~12:00/PM3:00~7:00 【休診日】木・日曜日・祝日