ブログ

Blog

鼻呼吸と口呼吸☆


こんにちは♪
伊賀市で無痛治療が受けられる歯医者、瀬川歯科クリニック歯科衛生士谷本です☆

瀬川歯科クリニックでは、歯周病の治療のために歯ぐきの検査をしています。
その項目に磨き残しチェックがあるのですが、磨き残しが赤くなる染めだし液を塗ったときに前歯の先だけが赤くなる方をたまに見かけます。
こうなったときは、口呼吸の疑いです

鼻が詰まってるときなどは口呼吸しますよね。
でも口呼吸するのは、人間だけだそうです
もともと人類も鼻呼吸だけだったと言われています。
しかし人間は進化を続け、直立歩行するようになり、言葉を喋るようになったことで喉の構造が変化していきました。
結果、口呼吸ができるようになってしまいました。

口呼吸はなぜダメなのでしょう。

虫歯  歯周病  口臭の原因になる

お口の中には唾液が常に出ている状態が正常ですが、この唾液はお口の中の細菌をやっつけたり、汚れを洗い流したりなど様々な働きがあります。
口呼吸をすると、お口の中が乾燥してしまい、唾液がうまくまわらずに虫歯や歯周病の原因菌が繁殖し放題になってしまいます
また、お口の乾燥により歯に汚れがつきやすく、歯の黄ばみの原因にもなります。

歯並びが悪くなる

歯の並びは〈内側からの舌による圧力〉と〈外側からの唇や頬の筋肉からの圧力〉の均衡が取れる位置に自然に並ぶようになっています。
そのため、慢性的な口呼吸だと〈外側からの圧力〉がかからず、出っ歯や受け口などの原因になってしまいます。
にお子様の場合は骨格にも影響が出やすいため、注意が必要です。

風邪やインフルエンザになりやすい


鼻から呼吸する場合、外気を取り込む際に一緒に入ってきた細菌やウイルスなどを排除する機構が備わっているため、風邪をひきにくかったり、ウイルスに感染しにくいという特徴があります。
また、鼻呼吸の場合は冷たく乾いた空気を吸い込んでも副鼻腔の働きにより加温・加湿された状態で気道に空気を届けるなどの機能も働きます。
一方、口には鼻のような外気に対する機能が備わっていないため、直接細菌やウイルス、塵などを取り込んでしまうことになるのです。

老化の原因⁉

口呼吸の場合、お口周りの筋肉が常に緩んだ状態となります。
使わない筋肉はだんだん衰えてきますが、お口周りの筋肉(口輪筋)が緩むと周囲の表情筋も緩み、それが皮膚の緩みにもつながります。
この皮膚の緩みが目元や口元の皺の原因になってしまいます
また、口輪筋が緩むとリップラインがぼやけて口紅のにじみの原因にもなります。
そのほかにも、口呼吸の場合は舌の位置を固定する筋肉も衰えるため、二重あごやいびきの原因にもなってきます。


鼻で呼吸することが、とても大切なことがわかりましたね!

スマホを触っているときや、テレビを観ているときは油断をして口呼吸になっているときがよくありますが、意識して口を閉じるだけでもかわってきます!
我が家の愛犬マロンくんも鼻呼吸ですよ(U^ω^)
目指せ!鼻呼吸\(*⌒0⌒)b♪

瀬川歯科クリニックに再就職させていただいてから、あっという間に1年がたとうとしています!
来年は、今年よりもっと沢山の患者様に、歯がきれいになった、クリーニング気持ちよかった(*^-^)と、思ってもらえるように頑張っていきますのでよろしくお願いします( *´艸`)
























【診察時間】AM9:00~12:00/PM3:00~7:00 【休診日】木・日曜日・祝日