ブログ

Blog

マウスピース


 さまこんにちは!
伊賀市で無痛治療が受けられる歯医者、瀬川歯科クリニック歯科助手の百地です。

いきなりですが、歯ぎしり食いしばりはしていませんか?
周りの人にしてると言われたことはないでしょうか?

寝てる間にしてしまうことが多いので自分では気づきにくいですが、無意識のうちに歯やあごに負担をかけてしまっています。
その負担を軽減するために用いられるのが、マウスピースです。
今回はこのマウスピースについてお話させてもらいます☺︎

歯ぎしり食いしばりをすると、歯やあごに相当強い力が加わってしまいます。
大体自分の体重の数倍の力だといわれています。
そんな強い力がかかってくると、歯がすり減ってしまったり、割れてしまうこともあります。

歯がすり減ると冷たいものがしみるようになったりします
他にも治療済みの歯のかぶせものが壊れたり、あごへの負担も大きいため、顎関節症というアゴの病気が悪化するなども考えられます。

さらに、歯やあご以外にも強い力を加えることで筋肉が緊張し、頭痛や肩こり、目の奥の痛みを引き起こす原因にもなってしまいます(゜д゜)


歯ぎしり食いしばりが起こる最も大きな原因といわれているのは、ストレスです。
環境の変化で不慣れなことが続いたり、疲れが溜まるとそのストレスを解消しようと歯ぎしりをします。
特にストレス発散として、寝ているときに無意識にしてしまってることが多いです(゜д゜)

そんな方に使って頂きたいのがマウスピースです!!
ボクサーの方がつけているのをよく見ませんか?
あれの歯科用だと思ってください(`-ω-´)✧

マウスピースをつけることによって歯やあごにかかる力を軽減し、歯やあごを守ることができます。

他にも肩や首、頭にまで筋肉の緊張が広がり、肩こりや頭痛を引き起こしたり、身体が重いと感じ、目覚めが悪くなったりすることもあります。
マウスピースをつけることで、肩こりや頭痛が軽減され、すっきり目覚めることができるようになりますよ(o'▽')b

あごを動かすと音がなる、口が開きにくい、あごに痛みがあるといった症状がある顎関節症。
歯ぎしりを放っておくと負担から顎関節症を引き起こす可能性があります。
マウスピースで顎関節症の予防や、悪化を防ぐことができます。
こんなにもいろんな効果があったんですね!!

一人ひとりの歯型に合わせて作らせて頂くため自分専用のマウスピースを作ることができますよ☺︎
興味がある方、お気軽にご相談ください( ´﹀` )




























【診察時間】AM9:00~12:00/PM3:00~7:00 【休診日】木・日曜日・祝日