口腔外科

Oral surgery

インプラントとは

失われた歯のかわりに働く「第二の永久歯」。
人工歯根が骨と一体化します。

インプラントとは、なくしてしまった歯のかわりにアゴに埋め込む歯のことです。人工の歯根を骨に埋め込み、その上に天然の歯のように自然な外観の人工歯をかぶせる仕組みです。骨にしっかり定着させるため、まるで自分の歯のように使えることから「第二の永久歯」とも呼ばれています。

歯は歯茎から出ている部分の下に、歯茎の中に太い2本の歯根をしっかり食い込ませています。歯根はいってみれば植物の根っこのようなもの。根っこが丈夫な植物ほど大きく育つように、歯も歯根がどっしりとアゴの骨に定着していることが重要です。

インプラントが画期的なのは、歯肉を切開してアゴの骨に穴を開け、そこに人工的な歯根を埋め込むことで、天然の歯と同じような機能を生み出せる点。インプラントのように、歯の根っこを生み出す治療法は今のところ他にないのが現状です。

つまりインプラントとは、アゴの骨に埋め込んで歯根と同じ働きをする人工歯根と、歯茎の上から見える人工の歯、その2つをジョイントするアバットメントの3パーツからできています。この3パーツをどのように入れるかによって手術回数や治療期間が大きく変わってきます。

歯を支えている骨(歯槽骨)の再生療法について

当院では、歯の再生療法を行っております。

歯周病は治らないと思っている方も多いのではないでしょうか。歯周病は歯を支えている骨が溶けてしまう病気です。しかし、実はエムドゲインという薬で歯周病で溶けてしまった骨を再生させることができるのです。すべての骨が再生できるわけではありませんが、骨を再生させることによって歯の寿命を長期間伸ばすことができます。
詳しくはがご気軽にお問い合わせください。

入れ歯とブリッジの比較

これまでは歯を失った場合の治療法としては、入れ歯とブリッジが代表的でした。入れ歯とブリッジの違いを見てみましょう。

■入れ歯

歯を失った場所に人工の歯茎を含めた義歯をはめ込み、周囲の歯にバネで固定する方法です。これまで最も一般的に行われてきた対処法ですが、天然歯がなくなっているだけにアゴの骨が痩せやすく、周囲の歯に負担もかけるという欠点があります。周囲に虫歯ができやすい、見た目がきれいじゃない、かみあわせが悪いなどの問題点が多いのが特徴です。

■ブリッジ

歯を失った場所に義歯をはめ、両側の歯と一緒に固定する方法です。左右の歯とセットで固定するので安定感があり、天然の歯と遜色ない自然な歯を入れることができますが、一方で健康な左右の歯を削る必要があり、周囲の歯が将来的に損傷する可能性があるというデメリットもあります。

入れ歯やブリッジとインプラントとが大きく異なるのは、「歯が動かない」という点に尽きます。入れ歯は着脱可能で清潔に保てるというメリットはありますが、そのぶん浮いたような感覚があり、かみあわせに違和感を覚える人も少なくありません。またブリッジは人工の歯を両側の歯に橋をかけて固定している状態のため、歯が抜けたためにアゴの骨が痩せたりすると歯並びが悪くなるというリスクもあります。

それぞれのメリット・デメリット

歯を失った時の主な治療法として、インプラント、ブリッジ、入れ歯の3つがあります。それぞれの治療法にはメリット・デメリットもあります。
具体的にはどんなメリット・デメリットがあるか比較しましょう。

■インプラント(人工歯根)
メリット
  • ・自分の歯に限りなく近く、自然に見える。
  • ・周りの歯を一切削らなくてよい。
  • ・自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、食べ物の味や感触がよくわかる。
  • ・アゴの骨がやせるのを防いでくれる。
デメリット
  • ・歯を抜くのと同じ程度の手術が必要。
  • ・全身疾患がある場合には治療ができない場合がある。
■入れ歯
メリット
  • ・一般的治療で、簡単に治療を受けることができる。
  • ・健全な歯をほとんど削らなくてすむ。
デメリット
  • ・入れ歯に違和感を覚えることがある。
  • ・固い食べ物に苦労する場合がある。
  • ・見た目が良くない場合がある。
  • ・発音に問題がでる場合がある。
■ブリッジ
メリット
  • ・費用をかければ見た目の仕上がりがよい。
  • ・固定式のため、装着しても違和感があまりない。
デメリット
  • ・ブリッジを固定するために、健康な歯を削る必要がある。
  • ・発音に問題がでる場合がある。
  • ・歯の抜けた部分の骨がやせていく場合がある。
  • ・口の中が不衛生になりやすい。
インプラントの費用について

インプラントの費用は35万円~(上部構造を含む)です。
インプラント治療は、健康保険が適用されない「自由(自費)診療」です。
そのため医院によって料金設定が異なり、医院の環境や歯科医師の技術、使っているインプラントによって料金が変わり、地域によっても差があります。
また、インプラント治療1本あたりの費用の内訳には以下が含まれます。            

インプラント治療(1本あたり)費用内訳
  • ・精密検査・診断料
  • ・インプラントを埋め入れる手術代
  • ・人工の歯の費用(オールセラミックなど)
  • ・メンテナンス

インプラント治療にかかる費用は、医院によって様々です。診断、手術、また手術後のメンテナンスまで、かかる費用をすべて考慮したうえで、比較・検討されることをお勧めいたします。

クーゲルホックアタッチメント

クーゲルホックアタッチメント(Kugel hook)は、プラスチックの持つ弾力性を維持力として応用した、ホック式ノンクラスプ有床義歯アタッチメントです。

【 特 徴 】
クラスプのように鉤歯を傷つけることなく審美的です。
構造がシンプルで破損のトラブルも少なく、また、プラスチック製であるため経済的です。口腔内で義歯をしっかりと咬合させた状態でフィメールを埋入固定するので、確実な咬合が得られます。
メール形成時、メールの直径が2.16mmの場合、700g以上の維持力が得られるよう設計されています。既存の有床義歯も鉤歯を補綴しメールを付与することにより、ノンクラスプデンチャーに移行することが可能です。フィメールの内部に「アイドリングスペース」という遊びを設けることによって、咬合時における咬合圧や、側方圧といった支台歯にかかる ストレスを小さくとどめることができます。また非咬合時には、粘膜への圧迫が緩衡され、装着感の良い有床義歯を作成することができます。

インプラントの寿命       

インプラントの平均寿命に関する十分なデータは、残念ながらありません。しかし、10年後の残存率は90%を超えているというデータはあります。 実際40年程度、快適な状態で使用したというケースもあります。
また、ブリッジの平均寿命は約6~7年、入れ歯の平均寿命は約5年といわれています。これを考えると、インプラントの寿命がいかに長いかがわかるはずです。
しかも、インプラントの品質や技術の進歩により、さらに使用できる年数は長くなると予想されます。

口腔外科の一例

当院の口腔外科ではさまざまな治療に対応しております。
お口の中でお悩みのことがあれば、ぜひ一度ご相談ください。

◆歯周病

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

◆顎骨骨髄炎 (がくこつこつずいえん)

細菌などによって歯を支えるあごの骨の組織が炎症を起こして化膿している状態のことをいいます。悪化すると治療が難しいとされている疾患です。

◆骨髄炎

細菌が骨髄に入ってしまい、炎症を起こす病気です。幅広い年齢層で発症しますが、なかでも何か重い病気を患っている人はかかりやすいと言われています。骨の中で炎症が起きるため、一刻も早い治療が必要になります。

◆口内炎

ほおの内側や歯ぐきなどの口の中や、その周辺の粘膜に起こる炎症の総称です。口の中(口腔といいます)は、食事をしたり、呼吸をしたり、しゃべったりするために常に外部と接しており、細菌・ウイルス・ほこりなどが付着・侵入する可能性の高い部分です。鼻や、内臓に通じるのどともつながっているので、部位によりさまざまな粘膜で覆われて防御されていますが、侵入した細菌などによって炎症を起こすことがあります。

◆神経痛

末梢神経が圧迫されたり、炎症で刺激された部分の神経に沿って起こる発作性の痛みと、疾患による神経痛の痛みを総称して神経痛といいます。鋭く激しい痛みが突発的にあらわれ、繰り返し痛むのが特徴です。主な神経痛には三叉(さんさ)神経痛、肋間神経痛、坐骨神経痛があります。

◆口腔がん

口腔がんとは、口の中およびその周辺組織にできる癌のことで、できる部位によって舌がん、歯肉がん、口底がん、頬粘膜がんなどと呼びます。口腔がんの発生率は、体にできるがんの1~3%です。しかし、以前に比べると口腔がんになる人は男女ともに増えてきています。
日本における口腔がんの年齢的な特徴は、年齢別では、70歳代が一番多く29.1%、60歳代26.5%、50歳代が18.1%となり、50歳以上が約80%を占めています(2002年度の統計)

◆口腔心身症

症状の発症や経過に心理社会的要因(心理因や環境因など)が密接に関与した口腔領域の器質的ないし機能的な身体疾患や身体愁訴、あるいは歯科治療に関連して発症する心身の不快症状のことです。その診断・治療を行う上で心身両面からの対処がより適切と考えられる病態のことをいいます。

親知らず

親知らずは、前歯の真ん中の歯から数えて8番目に生えてくる歯ですが、なくてはならない歯ではありません。他の永久歯が通常13歳前後までに生えそろうのに対して、親知らずは20歳前後に生えてきます。しかし、一生生えないこともあれば、一部歯ぐきのなかに埋まったままのこともあります。大人になってから、親に知られずに生えるために、「親知らず」と呼ばれています。
実は、正常に真っ直ぐ生えている場合は少なく、多少の差はあれ傾いて生えてしまう場合が多いのが、親知らずの特徴です。
抜歯したほうがいい場合も多いので、ご気軽にご相談ください。           

親知らずの生え方

親知らずは、ほとんどのケースで傾いているなどの問題を抱えています。
個人差はあるものの生え方に違いがあり、大きく分けて3パターンあります。

傾いている
真横に生えている
埋没している

親知らずによる悪影響

  • みやうずき繰り返おそわれる
  • ・歯ブラシが届きにくいため、食べかすがたまりやすく、むし歯・歯周病になりやすい
  • ・親知らずだけではなく、手前の歯もむし歯にしてしまうことがある
  • ・傾いて生えている場合に、咬み合わせを乱す原因となる
  • ・奥歯の咬み合わせを悪くし、口が開かなくなるなどの顎関節症を引き起こすことがある
  • ・生えている向きによっては、手前の歯を強い力で押すことで歯並びを乱し、ときには前歯が重なってしまうほど歯並びが悪くなることもある
  • ・ブラッシングをきちんと行えないために、食べもののつまりが原因で、炎症を起こし痛みを伴うことがある

親知らずを抜歯した方がいい場合、しなくていい場合

抜歯した方がいい場合
  • 1.手前の歯と同じように生えてきているが、
  • 2.中途半端に生えていて、歯の一部だけが見えている場合
  • 3.横向きに生えてきている場合
  • 4.骨の中に完全に埋まっているが、レントゲン写真上問題がある場合
  • 5.歯並びを悪くする恐れがある場合
抜歯しなくていい場合
  • 1.手前の歯と同じように生えてきていて、歯磨きも特に問題なくできる場合
  • 2.骨の中に完全に埋まっていて、レントゲン写真上問題が無い場合
  • 3.その他、特に悪影響を及ぼすことがないと判断された場合

※親知らずを抜かずに残しておくと、将来手前の歯が抜けてしまった場合にブリッジの土台や移植歯として使える可能性がありますが、親知らずを土台にしたブリッジにはリスクもあるため注意が必要です。

抜歯する時期

親知らずを抜くタイミングは人それぞれですが、以下のような理由によりできるだけ早いほうがいいでしょう。

・一旦痛みが消えてもまた痛み出し、抜かない限り痛みが繰り返される
・虫歯や歯周病リスクが高い
・若いときのほうが、親知らずの抜歯後の顎の骨の回復が早い
・虫歯や歯周病になってしまうと麻酔が効きにくい
・抜く時期が遅いと、親知らずが顎の骨とくっついてしまい、抜くのが大変になることがある

個人差があるうえに口腔内環境は常に変化します。適切なタイミングを知るためには、まずお気軽にご相談ください。

顎関節症とは

About temporomandibular arthrosis

顎関節症とは、口を開けようとして顎の関節や筋肉が痛んだり、口が大きく開かない、口を開ける時に音がするなどといった症状の総称のことを指します。女性が男性の2~3倍多く発症し、特に20歳代に多くみられる疾患ともいわれています。
自然治癒する場合もありますが、痛みが長引いていたり、治るまでの期間を短くしたいなどの場合は、歯医者さんに相談して治療を受けることをおすすめします。

顎関節症の主な原因

顎関節症の主な原因は下記のとおりです。

・上下の歯が適切に噛み合っておらず(不正咬合)、下顎の位置が正常でない
・打撲など外的要因によって、下顎の位置が正常でない
・不正咬合や精神的ストレスによる顎の周囲の筋肉へ過度な負担がかかっている
・「歯ぎしり」「食いしばり」「頬杖」などの癖、習慣によって歯並びや顎に負担がかかっている
・急に大きく口を開ける
・硬くて大きな食べ物を噛む

顎関節症は、これら一つの要因で起こることよりも、複合的な要因によって起こることが多いようです。また、顎関節症を気にしすぎることや、ストレスを溜め込んだことで、症状がさらに悪化することもあるといわれています。

顎関節症の治療法

顎関節症の治療は、関節部分やその周囲に負担をかけないように、お口の周りの機能や生活習慣などを改善していくことが症状の緩和や改善になります。適切な治療法については症状に応じて異なります。主に下記のような治療が行われます。

【 スプリント療法 】
歯型をとって、スプリント(マウスピースのような装置)を作製し、上の歯に装着します。装着することで、関節や筋肉の負担を軽減したり、顎関節や周囲の組織が安定する位置へ誘導したりします。

【 理学療法 】
筋の訓練やマッサージなどを行い、関節や筋肉の運動機能や能力の回復、痛みを緩和させます。

【 薬物療法 】
鎮痛剤、消炎剤、筋弛緩薬剤、精神安定剤などを使用し、痛みや、炎症、負担などを軽減させます。

【 行動療法 】
歯ぎしりや、食いしばり、姿勢の悪さなどが関与していることもあるため、その場合には生活指導を受けて改善を行います。心理的な要因(例えば、強いストレスを感じたり、不安になったりすること)が強い場合には、心療内科と連携して治療を行うこともあります。

【 歯科治療 】
歯が抜けたまま放置していると、噛み合う歯や隣の歯が移動し、歯並びや噛み合わせに悪影響を及ぼすことがあります。また、親知らずの生え方に問題がある場合や、噛み合わせに問題がある場合なども関与することがありますので、それぞれ適切な治療を行います。

上記のような治療を行っても改善がみられない場合に、下記のような外科治療が行われることもあります。

・麻酔薬やステロイド剤などを顎関節周辺に注射し、痛みを緩和させる
・針を刺して、関節内に溜まっている炎症性物質を洗い流す
・外科手術 (【例】 頭蓋骨と下顎との間にある関節円板を除去する)

【診察時間】AM9:00~12:00/PM3:00~7:00 【休診日】木・日曜日・祝日