小児歯科とは

About pediatric dentistry

子どもたちのための歯科医院です。
医科の小児科と同じように、口内の病気や虫歯、定期診断を行うところです。
子どものころの虫歯は大人になってからの生活に大きく影響します。
小さいころから正しい歯のケアを行うことで、歯を生涯にわたり長く残すことが出来ます。

痛くない、怖くないを行っています

小さな子どもたちにとって歯医者さんはとっても怖い場所かもしれません。
いろいろな器具を口の中に入れられるのは大人にとっても楽しいことではありません。
せがわ歯科では「痛くない」「怖くない」治療を行い、少しでも歯医者さんを好きになってもらえる工夫をしています。

無痛治療について

虫歯を削ったり、歯を抜いたり、痛い治療を行う前に指される注射が何よりも痛い!そう思う方も多いはず・・・。
せがわ歯科では麻酔の注射を打つ前に、注射の針が痛くないように表面麻酔を使用しています。
一般的な表面麻酔とは違い、子供たちへの治療には「いちご味」の麻酔薬を使います。麻酔薬特有の苦みがなく、「ちょっと美味しい♪」と思っている間に注射の麻酔薬を打つので、「針をいつさしたのかわからない」と感じる患者さんも多いです。

小さいお子様にも不安のない治療を

初めての歯医者さん。大きな椅子や、いろんな器具が並んでいて「これから何をされるのだろう」と不安になるものです。いざ治療が始まると自分から見えない所で大きな音が鳴ったり、金属が当たったり、もっと不安に…。

せがわ歯科の小児歯科治療ではまず、子どもたちの目線にたち、不安を取り除き、「歯医者さんは怖くない」と話しかけることから始めます。
次にこれからどんな治療を始めるのか、治療が何のためなのかなどじっくりお子様にわかる言葉でお話しします。

子どもだからと言って、押し付けるような治療は一切行いません。
大人と同様、お子様が納得した状態で治療を始めます。

学校での検診を行っております

当院は学校医も務めており、定期的に小学校などの学校に訪問し、 定期検診をしております。

子どものための予防歯科について

子どもの頃のむし歯は、永久歯の健康に影響します。
正しいブラッシングと定期健診で大きくなってからのお口の健康を守ります。

ブラッシング指導

むし歯予防に一番大切なのは毎日のブラッシング。
乳歯が生え始め、歯が生えそろうにつれてむし歯のリスクは高まっていきます。
小さいころから歯磨きの習慣をしっかりつけ、正しいブラッシングを覚えることで、将来のむし歯の数を減らすことが出来ます。

自分で磨くことのできない小さなお子さんのお母さま向けにも指導を行っています。
お気軽にご相談ください。

定期健診

「歯医者さんはむし歯が出来たら行くところ」、だと思っていませんか?
お口の中を健康に保つためにも、3カ月に1度の定期的検診をお勧めしています。
軽度の状態でむし歯を見つけることが出来れば、治療の間の痛さや経費を抑えることが出来ます。
また、磨き残しの歯垢が放置され固くなってしまう(歯石化)前に取り除くことで、さらにむし歯リスクを減らすことが出来切るのです。

フッ素塗布

生え始めたばかりの歯は柔らかく、むし歯になりやすい状態です。
フッ素には歯を強く固くする効果があります。お子様の歯に塗布することで、虫歯に強い歯にします。

シーラント

シーラントとは、奥歯の噛む面の溝の部分にプラスチックを埋め込み、虫歯を予防する方法です。
生えたばかりの奥歯は複雑な形をしていて、歯磨きがしにくく、むし歯になりやすいです。そこで、その溝をプラスチックで埋めてしまうことで磨きやすい形に整えむし歯を予防します。
人工的に埋めたシーラントはメンテナンスが必要です。かけてしまっていたり、剥がれていないか定期的に確認することが重要です。

妊産婦歯科について

           

妊産婦歯科とは

妊娠中は心と身体がとても大きく変化します。不安になってしまったり、ストレスを感じてしまったりと今までに無い経験をされているかと思います。実は、お口の中も例外ではなく、だ液の量が減って虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。症状が出る前に歯科検診に行ってお口の中もしっかりと整えて赤ちゃんを迎える準備をしましょう。                         

妊婦に発症しやすいお口の症状

妊娠による身体の変化はお口の中にも現れることがあります。ホルモンバランスの変化・つわりや食生活のパターンの変化などがお母さんのお口の中の環境を悪くしてしまうことがあります。

以下の症状には特に注意が必要です。

・歯肉炎・歯周炎
・妊娠性エプーリス
・虫歯

虫歯になったときに知っておきたい3つのこと

下記の3つの項目は、当院でも妊娠中のお母さんから聞かれる不安点です。妊娠中の虫歯の治療に不安を感じている方は、ぜひ参考にしてください。

1.レントゲンは赤ちゃんに悪い影響はありませんか?
→歯科医院で使用しているレントゲンは歯の部分のみを映すものです。しかも、撮影する時は鉛でできたエプロンを着用するので心配ありません。赤ちゃんが被曝することはありませんので、安心して下さいね。

2.治療で麻酔をしても大丈夫でしょうか?
→歯科で使用している麻酔は歯ぐきに打っていますが、無痛分娩にも使用される麻酔と同じなんです。そして、局所麻酔なのでお腹の赤ちゃんへの影響は心配しなくても大丈夫です。安心して治療を受けてください。

3.療中にお腹が苦しくなってしまったら…。
→お腹が大きくなってきたら仰向けでいることがつらいこともありますよね。その時は遠慮なく言いましょう。大切な命がお腹にいるのです。椅子の角度や治療時間など少しずつ休憩しながらでも十分配慮して治療してくれるはずです。お腹の中の赤ちゃんのためにも無理して我慢するようなことはしないようにしましょうね。

妊娠中のお口のケア

妊娠中は、出来る限り無理のない程度で歯ブラシでブラッシングをしましょう。子ども用の歯ブラシなどの小さめのものを使うのもオススメです。歯ブラシが難しい様でしたら食後に水を飲んだり、キシリトール入りのガムやタブレットを口にできるようなら活用しましょう。もし、虫歯になってしまったら安定期に入ってから治療することをおすすめします。先延ばしにするとどんどん進行してしまうこともありますし、育児に追われて治療どころではなくなってしまうこともあります。妊娠中であることを歯科医師に伝えればお腹の赤ちゃんに影響のない治療を行ってくれますので、遠慮せずに相談してみてくださいね。虫歯菌や歯周病菌はお母さんや大人のだ液でうつります。生まれてくる赤ちゃんのためにもより良いお口の環境で迎えてあげたいですね。                          

予防歯科

                       

日本人は50歳代後半から2人に1人が部分入れ歯を、75歳以上では約60%の方が総入れ歯を使用しています。残存歯数もわずか8本ほど……。比べ て欧米の高齢者の残存歯数は平均20本と大きな差が生まれています。これは体質の違いではなく、予防歯科が浸透しているかいないか、その違いが残存歯数の差になっているのです。
欧米では「虫歯を治すために歯医者に通う」のではなく「虫歯を防ぐために歯医者に通う」のが習慣になっています。予防歯科先進国のスウェーデンやアメリカでは80%以上の人が普段からお口のメンテナンスを心がけていますが、日本はまだ2%ほど。             

予防歯科は、健康管理のようなもの。お早めに。          

体の健康管理のため、日頃からバランスの良い食生活や運動不足の解消など摂生に努めている方も多いかと思います。予防歯科はこれと全く同じことです。
予防歯科の目的は「口の中の健康を維持して美しい歯を育てること」にあります。通院は1~3か月に1回です。(症状によって変化します)定期的 な予防歯科のメンテナンスを受けるだけで口内の健康状態はまったく変わってきます。そしてこれは早ければ早いほど効果的です。小さなお子さんであれば虫歯が1本もない環境を作ることができますし、成人であれば虫歯の再発予防、口臭予防にもつながります。ずっと健康な歯でおいしくご飯を食べるためにも、素敵な笑顔を維持するためにも、今すぐ予防歯科を始めましょう!

【診察時間】AM9:00~12:00/PM3:00~7:00 【休診日】木・日曜日・祝日